結婚式招待状宛名書きのマナー

結婚式は様々な準備があり手間がかかり大変ですが、その準備の一つに招待状を作成する作業があります。

 

祝福を受ける場である結婚式の招待状には、いくつかのマナーがあります。招待をする方へ感謝の気持ちを込めて、また失礼がないようにしっかりとマナーを守った招待状を作成することが大切です。

 

今回は招待状の中でも、宛名書きのマナーについてご紹介します。

 

宛名書きは基本的に、墨と筆を用いて書くことが望ましいです。毛筆で宛名を書くことはなじみが少ないこととは思いますが、やはり毛筆で丁寧に書かれた宛名は、招待を受ける方にとって気持ちがいいものです。

 

もちろん宛名書きは毛筆で書くことが一番ですが、必ず毛筆で書かなければいけないということはありません。筆ペン、万年筆、ボールペンでも丁寧に書くことさえ気をつければ大丈夫です。

 

自筆では自信がない人は、筆耕業者へ頼むという選択肢もあります。

 

宛名は必ず「様」をつけるようにしましょう。しかし4人以上の家族だと並べて書くことが大変なので、「御家族様」と書いてもかまいません。また小さなお子さんがいる家族は「くん」または「ちゃん」と書いても大丈夫です。親しみを込めた宛名にするならば、こちら書き方のほうが適切かも知れません。

 

人気記事http://wedding-atenagaki.com/